Uncategorized

白シャツの黄ばみにはクリーニングがいい!おすすめの店はネクシー

白シャツの黄ばみは状態も様々。そこで家で色々試すより、プロの技術に任せた方がいいです。ここでは黄ばんだシャツを出すのにおすすめのクリーニング店や料金、クリーニングでも落ちない時の最終手段などをご紹介します。

白シャツの黄ばみは京シミ抜きの技術があるネクシーがおすすめ

家で洗濯してもシャツの黄ばみが落ちないのは、プロとは使用している洗剤も水の温度なども違うから。またクリーニング店ならシミ抜き用の溶剤も機材も揃っています。まずは、家で色々試すよりクリーニングに出すべきです。中でもおすすめはネクシー。その理由は下の通りです。

ネクシーのおすすめポイント

  • 他にはないシミ抜きの技術がある
  • 誠意あるしみ抜き対応
  • シミ抜きの料金は無料

黄ばみは経過した期間や原因によって完全に落ちないこともあります。そのため、簡単に落ちませんと言う店もあれば、出来るだけ手を尽くしてくれる店もあります。技術力もそれぞれ違うので、シミ抜きは店によって大きく差が出ます。

ネクシーは、他の店にない和服のシミ抜きの技術を持っていて、その技術を駆使してシミ抜きを行ってくれます。黄ばんだシャツにネクシーがおすすめなのは、頑固なシミを少しでも薄くなるよう手を尽くしてくれる誠意ある店だからです。

【白シャツの黄ばみ】ネクシーなら誠意あるシミ抜きが無料!

街のクリーニング屋さんに出せば基本シミ抜きは有料。しかも黄ばみの範囲や数によって料金がどんどん増えてしまう店が多い中、ネクシーはシミ抜きが無料です。黄ばみは長く放置したものは落ちるかどうかわからないので、高い料金を払って出してみようか迷います。ネクシーは無料だから料金に関する心配はないのが嬉しいです。

ネクシー料金

衣類の種類 通常 メンバーズ
ワイシャツ 300円 250円
カジュアルシャツ 660円 560円
ブラウス 660円 560円

税別料金

 

黄ばみが気になる白シャツのクリーニング料金。ネクシーならシミ抜きに料金がかからないため、ワイシャツが300円。カジュアルシャツやブラウスはシミ抜きをしてもらっても、たった660円。

ネクシーは宅配だからお店に持っていく必要もありません。月々324円を払ってメンバーズになると、メンバーズ価格で利用することができます。また通常3,500円から送料が無料のところが、メンバーズなら3,000円から送料が無料になります。

 

クリーニングで落ちない黄ばみには塩素系漂白剤を試すのも一つの手

クリーニングでも長い期間経過したものは落ちないこともあります。そのような頑固な黄ばみなら、塩素系漂白剤を試すのも一つの手段です。塩素系漂白剤というと、ハイターなどがありますが、強力なためデメリットもあります。長時間浸けたり、濃度が濃い状態で使用すると生地が傷むこともあります。

また、衣類に例えば化粧品や日焼け止め、塗り薬などが付着したまま使用すると変色することもあります。このように変色したものは元に戻すのが難しいため、洗濯表示を確認したうえで、漂白剤の用法、容量を守って行いましょう。

塩素系漂白剤のデメリット

  • 強い漂白剤のため生地が傷んでしまう
  • 変色することがある
  • 漂白しても落ちない黄ばみもある

強力な塩素系の漂白剤でも白くならない黄ばみもあります。このようにならないために、大切な衣類は黄ばみを作らないようお手入れする必要があります。衣類が黄ばむ原因は、洗濯しても繊維の奥に残ってしまう皮脂が蓄積し、それが酸化してしまうことです。

普段からよく着ている白シャツは定期的にクリーニングに出しましょう。また、たまにしか使わない白シャツは、長期間しまっておく前に一度クリーニングに出すといいです。家の洗濯だけでは落としきれない繊維の奥の汚れをクリーニングで取り除くことで、お気に入りの白シャツを長く愛用することができます。

 

まとめ

 

 

  • 黄ばんだシャツはクリーニング店に任せるのが最適
  • シミ抜きをするならネクシーがおすすめ
  • ネクシーはシミ抜きが抜群にいい
  • 黄ばみを予防するには定期的にクリーニングするといい

 

 

白シャツの黄ばみは家での洗濯では落ちないのでプロに任せるべきです。中でもおすすめはネクシー。シミ抜きに対する熱意が他とは違います。しかも無料で行ってくれるから、料金が高額になる心配もありません。黄ばんだ白シャツをどうしようか迷っている人は、まずはネクシーをチェックしてみてください。

-Uncategorized